角質層ケアの基本

まだ若くて健康な状態の肌にはセラミドが多く含有されており、肌も水分たっぷりでしっとりとした手触りです。けれども悲しいことに、加齢などで角質層のセラミド量は低下します。

セラミドは肌の潤い感のような保湿能を向上させたりとか、皮膚の水分が逃げるのを阻止したり、周りから入る刺激あるいは細菌の侵入などをきちんと防いだりする役割を持っているのです。

ヒアルロン酸とはそもそも生体内に含まれている成分で、ひときわ水を保持する優れた能力を持った化合物で、とても多くの水をため込むことができると言われています。

プラセンタという単語は英訳で胎盤を表すものです。化粧品やサプリメントで近頃ひんぱんにプラセンタ高濃度配合など見かけたりしますが、これ自体器官としての胎盤のことを指すわけではありませんからご安心ください。

加齢による肌の衰えに向けての対策の方法としては、なにより保湿に力を注いで実行していくことが何にも増して有効で、保湿専用の化粧品でお手入れすることが大切なカギといえます。