アイメイクを丁寧に掃除して目のあたりのくすみを省く

アイメイクを丁寧に掃除しないと目のあたりのくすみの原因になってしまう。今目のあたりのくすみが気になっている人物は、掃除のものをもう見直してみることが大切です。掃除の際に、風貌全体のファンデーションを洗い流すのと同時に、おんなじオイルクレンジングで洗ってしまっていませんか。視線の周辺はただでさえ人肌が甚だないパートですので、丁寧にあらわなければ、アイメイクの色素が人肌にうつってしまったり、ごしごしとこすってしまうことでシミをおこしたりクスミの原因になってしまう。
アイメイクを落とす際には、コットンパフなどをオイルでひたし、そのコットンパフで手厚く視線の身近をなでるように取り去ります。コットンパフもスレで視線の身近を傷めてしまいかねませんから、とくべつセンシチブ皮膚だというばあいは、コットンパフでなくゲンコツをつかってグルグルってなじませ、ふき取るときにだけ手厚くコットンパフを割りあてるというものも有効です。